趣味 | ページ 12 | あっぱれ猫日和

趣味一覧

panasonicリモコンN2QAYB 00072 修理完了(続報)

TVリモコンの修理続報です。接着剤を買ってきたので早速修理することにしました。導電ゴムは前々回でご紹介した、壊れた電子ばかりの導電ゴムを流用します。この導電ゴムは低抵抗で、今ついている導電ゴムはメガオーム単位ですから、大夫あやしい修理になります。とりあえず電源ON/OFFできれば良しとしましょう。万が一不具合があっても電池が空っぽになるだけでしょうから大事には至らないでしょう。

panasonicリモコンN2QAYB 00072 電源入らない

panasonicテレビリモコンでTVの電源が入らなくなったので調べてみたら、導電ゴムの接触部分に問題がありそうでした。リモコンケースを開けて中の様子を見てみました。リモコンはビエラに付属していたものです。品番はN2QAYB 00072と書かれていました。リモコンの内部写真撮影、導電ゴムの表面抵抗などから意外なことも。 ビエラのリモコン写真 写真1 リモコンの外観です。右上の赤いボタンが電源ボタン。これを押してもTVの電源が入らなくなりました。 写真2 裏側です。N2...

20年前の写ルンですの分解写真

一世をふうびした写ルンですが、デジカメやスマホに押されてしまった感じがします。しかし、ポラロイドが生き残って頑張っているように、写ルンですも、まだまだ根強い人気があるようです。アナログ写真を知らない子たちには新鮮なものに見えるようですね。アナログ独特の雰囲気はデジタルにはないものがありますから。

ポラロイド・カラーパック82の写真

ポラロイド・カラーパック82です。シャッターはちゃんと切れました。 もう、十分に役目を果たして引退しているで、今日はこのカメラの写真を撮ってみました。 古いポラロイドカメラに興味がおありでしたらどうぞ。 ポラロイド・カラーパック82の写真 写真1. 大きな黒いバッグに収納されています。PORAROIDの文字が見えます。 写真2. カメラを取り出します。 写真3. 真正面から見た写真。 写真4. 横から見るとタイマーが...

OHM デジタルテスター TDB-401の写真~断線しても直せます

OHMのデジタルテスターTDB-401の裏ブタを外してみたので、写真を撮っておきました。このテスターはコンパクトで便利ですが、どう見てもリード線が長持ちしそうもありません。もし切れたとき自分で修理できるのか調べてみました。リードが切れるとすれば、本体から出てくる場所、プローブの根本、ケースに巻き付けて外部に露出している部分あたりだと思います。リード線が細いのでちょっと心配です。今のところは大丈夫です。今回は備忘録として記録に残すことにしました。

オリンパス CAMEDIA C-3030 ZOOM 電池を入れたみた

オリンパス CAMEDIA C-3030 ZOOMがジャンクボックスにあるのを思い出して引っ張り出してきました。 カメラはすぐに見つかったのですが、ニカドを入れっぱなしにしていました。電池のプラス電極あたりが粉をふいていました。不味いですね。大夫カメラ内部も腐食が進んでいるものと思われます。 電極を細いドライバーでこすってガリガリやっても、電源が入りません。リン青銅のバネが長年押されて少し変形したかもしれないと思い、指で少し伸ばしてみました。狭いカメラの電池ケース内なのでとてもやりにく...

アナログ湿度計の分解写真~デジタル式との違いなど

去年の暮れに加湿器を買ったついでに湿度計を買ったんですが、すごく軽くて安かった。まだ、中身を見ていなかったので今日覗いてみました。ググってみるとバイメタル式とかいうゼンマイみたいなのが中にぽつんと入っているだけのものでした。道理で軽いわけだ。というわけで早速中身を拝見しました。 購入したのは、エンペック気象計株式会社の温湿度計TM-2401です。 本体の大きさは、約93mmx89x35mmで重さは80グラム程度です。本当に軽くてしょっちゅう転がっています。製造は日本です。なんでも中国製が多い中...

シャープWS003SH SIMなし Wi-Fiでつないでブラウジング

シャープのWS003SHはWindows Mobile 5.0を搭載した日本初のウィルコム向けスマホでした。PHSを展開していたウィルコムのWS003SHは当時としては最先端を行くものでした。ウィルコムはソフトバンクの下でワイモバイルとして現在に至っています。 発売されてすぐ買ってきたWS003SHですが、電話のスタイルは今のスマホと全く同じなので回りからジロジロ変な目で見られた記憶があります。 当時はガラケイが主流でしたからおかしくかったのかもしれないですね。今ではごく普通の景色になりました...

CASIO FX-870P まだまだ現役です

カシオのFX-870Pをご存知ですか?1992年に発売されました。今日は、今も現役のFX-870Pをご紹介しましょう。 CASIO FX-870P FX-870Pは1992年に発売されたCASIOのポケットコンピューターです。 表示は32桁×4行、メモリーは標準で32KBですが、これは64KBに増設してあります。 メモリー増設ユニットはRP-33です。 搭載していモードは次の通りです。 BASICモード CASLモード C言語モード FX(...

ミツトヨ ダイヤルキャリパー 505-634の写真と使い方

ほとんど使っていないようなダイヤルノギスが押し入れの隅から出てきました。ミツトヨのかなり古いノギスで505-634という型番がダイヤルの中に書かれていました。 ミツトヨのダイヤルノギスでは一番ランクの下のものです。分解能は0.05mmです。現在のダイヤルノギスの分解能は0.02mm以下になっていました。当然0.05mmの分解能は廃版になっています。精度を上げるための製造コストが下がってきたのでしょうかね。 もう廃版で購入はできないようですが、時折オークションで出ているようです。オークションでに...