Cessna 172 JA4075 セスナ~スカイフォト所有 2019/3/15撮影

Cessna 172 JA4075 セスナ~スカイフォト所有 2019/3/15撮影

スポンサーリンク

よく稲城市上空を飛んでいるセスナです。今回はじめて写真に撮ってみました。機体番号がJA4075とあったので調べてみるとスカイフォトという会社が所有するセスナです。航空写真などを撮影する会社の様でした。調布飛行場から飛び立ったようです。ここから調布飛行場は比較的近いので、稲城市上空はよく見かけるのですね。

セスナが通過

南東の方角からセスナがやってきました。調布飛行に帰るところの様です。

高度を下げています。

この後は、ビル陰に隠れて見えなくなりました。

JA4075という機体番号がみえます。スカイフォトという会社の12セスナの様です。航空写真などを撮る会社の様です。。時刻は12時16分でした。

このセスナの10分ほど前にNCAのドルニエが調布飛行場に向け飛んでいきました。

セスナと同じようなコースでした。調布飛行場はガラガラだと思っていたけど格好時間差なしで着陸する飛行機がありました。

横田基地に向かうスーパーハーキュリーズ C-130J-30

2019/3/1511時41分 撮影は矢野口駅近く

垂直尾翼にYJの文字が見えます。横田基地のYだそうです。C-130Hに比べ輸送能力がアップしました。この飛行機はほぼ毎日見欠けます。真上を飛ぶことがなくいつも遠くを飛んでいます。稲城や矢野口あたりは飛行経路からすこしずれているようで良かったです。

ヘリコプター

2019/3/15 11時30分撮影

ANAのヘリ?と思ったらANHでした。機体番号で調べるとオールニッポンヘリコプターという会のヘリです。歴史のある会社で今の全日空の開祖様でした。全日空の祖業です。この会社から今のANAが出来上がっていったという長い歴史がありました。当時は戦前の日新聞航空部であった日本ヘリコプター輸送株式会社です。この日本ヘリコプターと、関西で戦前から民間航空を運行していた極東航空株式会社が全日空の前身だそうです。日本ヘリコプターと極東航空が合併し全日本空輸株式会社が生まれました。

長くなりましたが、このヘリのぶるーんぼラインがANAによく似ている理由はこういうところからあるのですね。もっと複雑ですが、興味のある人は調べてくださいね。

ちなみに現在のオールニッポンヘリコプターはNHKの仕事しかしていないようです。

HPにはこの様に記され提されていました。

オールニッポンヘリコプターは、NHKのニュースや番組のためのフライトを専業としています。
災害や事件・事故の報道取材をはじめ、ドキュメンタリー等の番組の空撮のため、
最新の防振カメラを搭載した機体を運航し、空から公共放送NHKを支援しています。

飛行機雲を引いてジェット旅客機が飛んでいました

あまり飛行機熊を引くことはないのですが、この日の大型旅ジェット客機はみんな飛行機雲を引いていました。大気の状態が飛行機雲ができやすい状態になっちたのでしょう。この日はいい天気でしたが翌日は曇り空でした。

飛行域雲を引いてます(コントラストあげてます)2019/3/15 9時51分 撮影撮影は矢野口駅近く

この写真のジェットは拡大してわかったのですがANAでした。(コントラスト上げています)

以上、3月15日の稲城・矢野口上空の飛行機やヘリでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする