東京消防庁 ヘリコプター「こうのとり」の写真~2019/3/29稲城

東京消防庁 ヘリコプター「こうのとり」の写真~2019/3/29稲城

スポンサーリンク

曇り空で写真を撮るにはあまりよくない天気です。赤っぽいヘリが近づいてきました。東京消防庁の大型ヘリコプター「こうのとり」です。時々見かけるヘリです。コックピットにオレンジの制服を着た人が見えました。大型ヘリコプターです。

東京消防庁 ヘリコプター こうのとり

2019/3/2910時22分

さらに拡大すると東京消防庁の文字が見えます。オレンジ色の服のパイロットが見えます。

ちょっとぼやけて見にくいですが「こうのとり」と書かれています。

こうのとりの情報(抜粋)東京消防庁HPより

  • 機体名:EC225LP型スーパーピューマ
  • 運行開始:平成26年3月
  • メーカー:ユーロコプター社(フランス)
  • 最大座席数:22席
  • 最大速度:324km/h
  • 航続距離:946km
  • 航続時間:4時間37分

東京消防庁のヘリコプターは中型機4機、大型機4機の8機です。

中型機

ちどり、かもめ、つばめ、おおたか

大型機

ひばり、ゆりかもめ、こうのとり、はくちょう

真っ赤な機体に白い文字が鮮やかですね。「こうのとり」かどうかはわかりませんが、この真っ赤なヘリはよく見かけます。調べてみると東京消防庁多摩航空センターというのが立川にありました。ここが「こうのとり」の基地かもしれないです。

新中央航空ドルニエ

ドルニエが南から北へ

機種番号JA32CA、10時23分、神津島発302便かな。調布飛行場到着予定は10時35分

ドルニエ2機目

機体番号JA34CA 10時26分 三宅島発402便かな。調布飛行場予定到着時間10時40分

1機目が通過通分後にドルニエがほぼ同じコースで南から北へ飛んでいきました。北方向は調布飛行場があります。

ドルニエの高度は自宅近くを通過するときは、かなり低いので場所を変えるといろいろな角度から写真が撮れてます。ドルニエを毎日見ていると模型が欲しくなってきてしまいました。そこでNCRのドルニエのプラモがあるかと探したのですがありませんでした。

曇り空での写真

曇り空で飛んでいる鳥や飛行機を撮るとシルエットのようになりやすいです。逆光気味で空全体が明るい感じの時は露出補正をプラス1とか2にしてますが経験が必要なようで大体は真っ黒になります。最近は少なくとも被写体だけでも白とびや黒つぶれにならないように心がけていますけどなかなかです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする