自宅上空で航空自衛のC-2が車輪を出した時の写真他~2019年4月15日

自宅上空で航空自衛のC-2が車輪を出した時の写真他~2019年4月15日

スポンサーリンク

夕方5時過ぎに自衛隊のC-2大型貨物機が通過しました。ちょうど頭上で車輪を出すところを目撃できました。大きな胴体のお腹にある左右の扉が開き始め中から2列3連の車輪が出てきました。左右合わせると12個のタイヤです。30トン以上の荷物を運べるので自重と合わせれば90トン以上になります。タイヤもたくさん必要ですね。

航空自衛のC-2が車輪を出した(写真は15時28分撮影)

頭上近くを南の方から大型輸送機C2が飛んできました。

車輪格納庫が開き始めました。

真上を通過しましたので撮影角度が変わっていますが、車輪格納庫から車輪が出てきました。前方の車輪も出ました。

車輪を出して着陸大勢に入りました。入間基地に向かうのでしょうか。ここからは約20㎞ほどですがジェットならすぐです。車輪出しで何か部品でも落ちてきたら危なそうだと思いました。でも当たる確率は限りなく小さいですね。

余談ですが成田へ着陸する国際線はすべてではないと思いますが車輪を出すときに氷などが落ちて危険なので洋上で車輪は出すそうです。

自衛隊機からまさか氷は落ちてこないでしょうけど、うちの近くで車輪出すのやめてほしいですね。

車輪を出したまま北に向かって遠ざかっていきます。

車輪を無理やり拡大。やっぱり12個ついてます。

C-2の諸元

全長×全幅×全高 43.9m×44.4m×14.2m
貨物室 長さ×幅×高さ 15.7m×4.0m×4.0m
速度性能 0.82Mach
貨物重量(最大荷重) 36t(2.25G)/32t(2.5G )
航続距離(貨物重量) 4,500km(36t )/5,700km(30t ) /7,600km(20t ) /9,800km(Ferry)

黒いヘリ 17時8分撮影

午後5時8分、見かけない黒いヘリコプターが通過。手振れがひどく拡大しても判別できませんでした。止まっている鳥を撮っていた時でシャッター速度が1/160でした。ぶれますね。

西の方角に飛び去って行きました。

輸送機のシルエット 18時35分撮影

飛行機も昼間など明るいときはしっかり撮れますが、センサーが小さい分、暗いときは厳しいですね。

今日の月 撮影18時43分

月齢9.8です。F=4、600mm(35㎜換算)、1/1000秒、ISO400、撮影18時43分

月も大分丸くなってきました。

RX10M4で星野写真とかうまく撮れるのかと思って、ネットをみていたら結構きれいに皆さん撮ってらっしゃいました。月のない日であれば撮れそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする