カワラヒワが電線にとまっている写真~2019/3/24 稲城にて

カワラヒワが電線にとまっている写真~2019/3/24 稲城にて

スポンサーリンク

RX10M4で自宅付近の鳥や飛行機を撮りパソコンに取り込んだらカワラヒワが写っているのを発見。撮影時はすずめではないと思いましたが種類はわかりませんでした。画像を拡大して調べてみたらカワラヒワの様です。

電線にとまってじっとしているカワラヒワ

600mm(35mm換算)でこの大きさです。黄色っぽい羽が目立っています。詳しい人ならここですぐにカワラヒワとわかるんでしょうね。

カワラヒワ

  • Chloris sinica
  • 河原鶸
  • スズメ目
  • アトリ科
  • 全長15cmでスズメより少し大きい

トリミングで約7.4倍に拡大。太いくちばしと黄色い羽がトレードマークのカワラヒワでした。

後ろ姿です。オオカワラヒワというご親戚もあるようですが、どっちなのかは正直わかりません。どちらでもいいでしょう。

油断してたら、急に飛び立ちました。

黄色い羽が目立ちます。きれいな鳥です。

尾羽の黄色も見えています。

すごい勢いで飛び去りました。かなりピンボケになってしまいましが雰囲気は出ています。まるで燕のように飛び去りました。

ドルニエが低空で飛んできました

北から接近中。我が家からみると調布飛行場は北北東の方角です。位置的にはちょうど新島や大島、三宅島、神津島への飛行ルートになっています。また、島からの便は、東よりを南から北へ飛行します。写真は同じ尺度のしてあります。島から帰ってくるドルニエは東寄りを飛ぶので小さく見えます。島へ向かうドルニエは頭上を飛ぶので大きく見えます。

調布飛行場を離陸し伊豆七島方面に向かうドルニエ

ドルニエは新中央航空が調布と伊豆七島のうち大島、新島、神津島、三宅島を結ぶ定期航路で活躍しているフランス製のプロペラ機です。独特なフォルムがオシャレです。

10時33分 大島行き103便(調布10時30発)

11時3分 新島行き202便(調布11時00分発)

上空を通過。

調布飛行場への着陸態勢に入ったドルニエ

10時29分 神津島発302便(調布着10時35分)

1㎞程東よりの空を南から北へ車輪を出して降下中。ここから調布飛行場まで4㎞程です。

稲城上空はほかにもいろいろな鳥や飛行機が飛んでいました。別ページでまたご紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする