RX10M4のEFVのフレームレート、露出補正ダイヤル EV値は?

RX10M4のEFVのフレームレート、露出補正ダイヤル EV値は?

スポンサーリンク

RX10M4のEFVは細かなところまでしっかりと見え、動きもなめらかで、まるで光学ファインダーを覗いているようです。RX10M4を使い始めてちょうど1年になりますが、まだまだ知らないことがいっぱいです。というか、使いこなせていないというのが正解です。

RX10M4のEVFフレームレートは非公開だそうです

RX10M4のEVFも、きれいだというだけでフレームレートはどのくらいなのかなど知りませんでした。

マニュアルを見ても、そのあたりの情報がありません。そこでsonyのサポートに問い合わせてみました。しかし、残念ながら非公開ということで教えてもらえませんでした。

他社のカメラなどではフレームレートを変えられるものもあるのになんでだろうかと思いましたが、仕方がないですね。知ったからと言って何が変わるわけではないのでいいのですが。

シャッター速度固定で露出補正ダイヤルを回すと変化するのはどれから?

露出補正ダイヤルを回したときは、+1段で光の量が2倍に、-1段で1/2になるということですが、実際にどのように変化するのか確かめてみました。

シャッター速度を1/1000秒に固定して、露出補正を+3から―3まで回したときに,ISOやFがどう変わるのかを見てみました。

露出補正ダイヤル シャッター速度 F値 ISO
+3 1/1000 2.5 1600
+2 1/1000 2.5 800
+1 1/1000 2.5 400
0 1/1000 2.5 200
-1 1/1000 2.5 100
-2 1/1000 3.5 100
-3 1/1000 5.0 100

上記表から、最初に動くのはISOでした。1段下げるたびに半分になっていきます。+3でISO1600,+2でISO800と変化します。

Fが変化するのは、ISOが100まで下がった時でした。露出補正が-1~-3まではISOは100で変わりません。その代わりFが2.5~5.0に変化しました。

露出補正-1でのFは2.5、-2でのFは3.5、-3でのFは5.0になっていますが、これは1.4(ルート2)を掛けた数です。ISOは単純に2で割った数でしたが、Fの場合は1.4(ルート2)を掛けます。

RX10M4のF値は2.4~16まであります。胴体のリングを回して合わせます。

RX10M4を望遠端で開放で使うと、望遠鏡に例えればD=55㎜,f=220mmでいいのかな?

RX10M4の有効口径についても見てみました。ボディーにプリントされているので簡単にわかりました。焦点距離によって有効口径は大きく変わります。望遠端だと55㎜相当のレンズになります。

  • 望遠端:f=220mm、F=4.0より有効口径は55mm
  • ワイド端:f=8.8mm、F=2.4より有効口径は8.7mm

ワイド端だと有効口径8.7mmとずいぶん小さくなってしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする