カワウの家族が編隊飛行(写真)

カワウの家族が編隊飛行(写真)

スポンサーリンク

カワウの編隊とカワラヒワのジャンプです。カワラヒワを見つけたのは8時49分でした。ちょうど電線から飛び立つところが撮れました。カワウの家族?が西から東へ1列になって飛び去りました。

カワウの編隊飛行 2019/4/1 自宅近辺

① 最初に現れた時はかたまって飛んでいました。(8時43分)

② 先頭の1羽に引っ張られるように5羽が続く

③ ぐるぐる旋回

④ 「く」の字型になった

④-1 拡大。上の1羽はちょっと茶色っぽい感じです。お腹も白いので幼鳥だと思います。

⑤ 少し列になったと思ったら

⑤-1 2羽が重なった部分を拡大

⑥ ばらけてしまった。

⑥-1 カワウの幼鳥。上の写真の左3羽の真ん中

⑦ リーダーが飛びだし他が続く

⑧ 間隔はバラバラだが列の完成

⑨ .間隔をそろえ始めた

⑨-1 上の画像の上の2羽根。茶色い幼鳥は最後から2番目です。家族で守っているのでしょうか。

⑩ きれいな列になって東に飛び去るカワウ。最後から2番目が茶色い幼鳥のカワウです。下の鳥から建物の陰に入っていったので下の鳥が先頭だと思います。現れてから飛び去るまで、ほんの30秒ほどの出来事です。

カワウの家族だと思いましたが、ほんとのところはわかりません。

カワウの繁殖期はこの辺りでは1年中ですがピークは9月~11月、2~4月にあるそうです。そうだとすれば9月~11月ごろの幼鳥かもしれないです。

幼鳥は全体的に色が薄くお腹や胸当たりの羽毛が白っぽい個体が多いそうです。望遠で撮った写真で何となくお腹あたりが白っぽいので幼鳥だと思うのですが、どうでしょう?

先日、薬師池公園で見たカワウも少しお腹が白い幼鳥の様でした。

今回は、カワウが1列になるところを見ることができてとても面白かったです。高速で飛行しながら上手に列を作るのは、さすがに鳥だと感心しました。ジェット旅客機があんな真似したら墜落します。

カワラヒワのジャンプ 2019/4/1 場所は同じ

カワラヒワが電線から突然飛び立ちまました。偶然写っていました。

⑪ カワラヒワが首を回してこちらを見ています。

⑫ 電線から羽をつぼめて飛び降りました。黄色の羽がよく見えます。

ずんぐりとした体ですが、動きは俊敏です。

⑬電柱のメッセンジャーワイヤーのカワラヒワです。

⑭ 飛び立ちました。羽をつぼめてまっすぐに落ちていく感じです。飛び立つというより飛び降りる感じです。遠くから見るとまるでボールのように見えます。

いつものドルニエです 2019/4/1 場所は同じ

これから伊豆七島に向かうところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする