生田緑地ばら苑 関連ページ集

生田緑地ばら苑 関連ページ集

スポンサーリンク

旧向ヶ丘遊園にあったばら苑は向ヶ丘遊園が廃止された後もボランティアと川崎市によって守られています。年2回春秋に一般公開されます。

生田緑地ばら苑 関連ページ集

2018年5月

14日【写真】生田緑地ばら苑~パーゴラのばらなど2018/5/14撮影

10日【写真】生田緑地ばら苑(3/3)2018/5/10撮影

10日【写真】生田緑地ばら苑(2/3)2018/5/10撮影

10日【写真】生田緑地ばら苑(1/3)2018/5/10撮影

10日生田緑地ばら苑2018 開苑期間決定です~今年は絶対に行きます!

メモ

開催期間

2018年(平成30年)10月中旬予定

終了 2018年(平成30年)5月10日(木曜日)~5月27日(日曜日)

所在地・アクセス

神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号

小田急の向後加遊園または南武線の宿河原、どちらからも徒歩で15分ぐらいの距離です。車の場合は右折侵入が禁止されているので、府中街道からくる場合は注意が必要です。川崎方面からなら左折侵入なので問題ありません。

平日は午前10時~午後4時30分

土日祝は午前9時~午後4時30分

春に行った時の経験から、平日なら9時ごろに当直するのがベストです。もみじ谷駐車場は一通なので交互通行になり、遅くなるとすごく時間がかかる可能性があります。それなら、早めに行って仮駐車場で待っていたほうが楽です。

入苑料・駐車料

入苑料は無料です。ただし、苑内には募金所があるのでできれば募金しておきましょう。この苑はボランティアの方達の努力で成り立っています。運営には費用が掛かるので募金が必要です。駐車料金は500円でした。

ばらの種類

[春]533種、約4,700株(大輪、四季咲き中輪、つるバラ、ミニバラ)
[秋]440種、約4,000株(大輪、四季咲き中輪、ミニバラ)

その他

マナーが悪いカメラマンがいます。三脚などに引っ掛けられないよう注意が必要です。全面的に三脚を禁止してくれればいいのにと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする