薬師池のカイツブリ一家とカルガモとアオサギの写真~2019年4月22日撮影

薬師池のカイツブリ一家とカルガモとアオサギの写真~2019年4月22日撮影

スポンサーリンク

薬師池のカイツブリ一家を見に行ってきました。5羽いたヒナは全員無事に育ち、親鳥を鳴きながら追いかけて泳ぐ姿が健気です。ヒナたちは2羽と3羽に分かれて、それぞれを夫婦が分担して餌やりをしていましたが、本当にかわいらしいです。

カイツブリの一家

池の対岸近くにヒナが3羽親のそばで泳いでします。

あと1羽はどこへ行ったのかな。

親がえさを捕って浮上してくるのを待っているヒナたちです。3羽いました。

一方こちらの岸に近いところでは、2羽のひなが親に餌をもらっていました。上の写真と下の写真のヒナの数は5羽です。浮島の巣にいた時はヒナを5羽確認できたので、全員無事育ったに違いありません。

一生懸命に親のところに向かって泳いでいました。

餌をもらえたのは速く到着したヒナでした。それでもヒナは育っているので親は遅い子にも餌を与えているのでしょう。

餌をもらうとこrです。口を開けて待っています。

無理やり拡大してみました。何か親がくわえているのはわかりますが、何かはわかりませんね。

ハス田で休んでいるカルガモ

薬師池公園のハス田は大賀ハスで有名です。水が引かれたハス田にいつもは薬師池にいるカルガモの夫婦が休んでいました。ハス田の方が餌がたくさんあるのかな。

仲良しです。息もぴったり合ってます。

動画も撮ってみました。

ハス田で餌取をしているアオサギ

ここに写真を撮りに来るとこのアオサギを見かけます。毎日来ているのかもしれませんね。少しスリムな感じになったようです。4月2日に見た時より冠毛が伸びています。

上に立っているのは冠毛ですよね。

ハス田に茶色の葉が見えますが、ハスです。いよいよハスがハス田を覆いつくします。アオサギがここでえさを捕るのもあまり長くなさそうです。ちょっと寂しいですね。

薬師池公園の駐車場は町田ぼたん園の有料開園期間(4月中旬から5月上旬)まで有料です。1ただし普通車は時間以内無料です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする