木星をCOOLPIX P1000で撮影してみた

木星をCOOLPIX P1000で撮影してみた

スポンサーリンク

COOLPIX P1000で星を撮るのにピント合わせがなかなか難しいです。注文したバーティノフマスクとハクバのレンズフードがが先日届きました。

こんな格好しています。アクリルで出来ていて保護用の紙が張り付いています。

紙をはがしたらまっ黒のアクリルが現れました。

77mmのハクバのフードに付けるとこんな風になります。3本のステーでフードを挟み込む格好です。ステーはビニルチューブがついているので、割としっかりフードを挟み込めます。

バーティノフマスクの反対側はまだ紙が付いたままですが、COOLPIX P1000にはこのような感じで装着します。

実際に木星を撮るときに試してみましたが、薄曇りでうまく調整できませんでした。木星本体では上手くできないので、別の明るい星でと思ったのですがほとんど見えないぐらい曇っていたため試せませんでした。

木星本体でバーティノフマスクを試しても光条が細くならず、ピント一位置を探すのは困難でした。薄雲のないときにまた試そうと思います。

7/31 21h20m33s (JPEG撮って出し+トリミング)

3000mm+4倍電子ズーム、1/25秒、F8.0、ISO100

8/1 20h1m41s(JPEG撮って出し+トリミング)

3000mm+4倍電子ズーム、1/30秒、F8.0、ISO100

8/2 21h20m16s(JPEG撮って出し+トリミング)

3000mm+4倍電子ズーム、1/40秒、F8.0、ISO100

JPEG撮って出しの写真です。トリミングして拡大していますが、縞模様や衛星も写るCOOLPIX P1000はすごいカメラですね。

昔持っていた高橋の65mmセミアポには及びませんが、カメラでこれだけ見えるとは正直思っていなかったので驚きです。

ただピントを無限遠に合わせるのはなかなか難しいです。COOLOPIX P1000を使っていて気が付いたのですが、3000mmで4倍デジタルズームして動画を撮ると、静止画を次に撮るときはデジタルズームが解除されて3000mmmになってしまいます。

再度、ズームレバーでデジタルズームにするのが面倒です。ニコンに問い合わせたらその様な仕様だそうです。ちょっと使いにくい感じがします。

追記 2020/3/21 バーティノフマスクで金星のピント合わせ

しばらく使っていなかったバーティノフマスクですが、金星のピント合わせをしてみました。結果は、とても良好でした。

下記ページの3月20日に金星のピント調整にーティノフマスクを使った例を紹介しています。

金星をCOOLPIX P1000で撮影してみました。自動経緯台AZ-GTiに載せ自動追尾しながらの撮影です。 撮影は18日からはじめました。 2020年3月に撮影した金星 3月18日の金星 宵の明星が―4.3等とすごく明るく光っています。今日はCOOLPIX P1000で宵の明星を撮影してみました。この時期の金星は半月状態です。実際に写真に写った金星は半月状態でした。 トリミングして拡大しました。ガサガサの半月のような金星です。撮って出しJPEG画像です。 ステラナビゲー...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする