【写真】RX10M4で撮ってみた~稲城の梨/ブドウ/鯉/鳥

【写真】RX10M4で撮ってみた~稲城の梨/ブドウ/鯉/鳥

スポンサーリンク

梨とブドウの様子を見てきました。梨はさらに大きく、ブドウもいつのまにか花が終わって実がなっていました。いつものように途中で鯉の写真も撮ってきました。

RX10M4を買った一番の目的は鳥の写真なので電柱のてっぺんも見ながらの散歩しました。夕方のせいか、あまり鳥の姿は見られなくて残念。以下の写真はすべてRX10M4で撮影したものです。

RX10M4で撮ってみた~お散歩コース試し撮り

写真1

葉に負けないほどの大きさに育っている実もありました。表面のブツブツよりはっきりしてきたように見えます。

写真2

写真3

写真4

ブドウの実がなっています。ちょっと来なかった空きに花が咲いて実までできていました。

写真5

写真6

鯉が大丸用水で泳いでいたので1枚パチリ。まだこのカメラ全然使えていないですが、この写真を見て良く取れるなあと感心してしまいました。

260mm相当で撮ってます。多少遠くを泳いでいても望遠でまじかに見れるのは本当に便利です。なんと贅沢なお散歩コンデジでしょう!

写真7

カラスが電柱のてっぺんに。

写真8

カラスを2400mmm相当で撮影。トリミングなし。手持ちで写す練習にちょうどいいです。

写真9

電線にとまっていたところを撮ってみました。2400mm相当です。

写真10

じっとしていたのに突然飛び立ちました。35mm換算で444mmです。速いシャッター速度に固定しておけばよかったです。1/1000秒以下にしておけばきっと羽根も止まって写ったでしょうね。残念。

写真11

アヤメ。35㎜換算で2400mm。奥まった遠い花もまじかに撮れて楽しいですね。

写真12

アヤメが咲いています。これもかなり奥の方のアヤメです。2400mm相当。

写真13

金網をくぐって道路側に咲いたアヤメです。151mm相当。

写真14

同じく道路側で咲いています。

写真15

真っ白い花びらがとてもきれいです。

近くの花も遠くの鳥も写せて大満足です。早く操作に慣れて飛んでいる鳥をとりたいですね。まだ全然無理そうです。あとは腕を上げないとカメラに申し訳ないです。

散歩コースを持って歩くと結構重さを感じました。重さは、実測値でキャノン748g、ニコン806g、RX10M4は1164gです。約400gほど重いのですね。

でも、1眼に望遠を付ければ望遠レンズだけでこのぐらいは軽く超えます。シグマやタムロンお600mmだとおおよそ2kgでした。とても私にはお散歩カメラにはならないですね。RX10M4にしてよかったと思いますね。重いなどと贅沢を言ってはいけないですね。

望遠がこれほど楽しいとは思いませんでした。普通は近づけないところにも望遠ならスッと知被けます。ますます写真が楽しくなりました。

大昔のアナログ一眼と、今のコンデジは次元が違うようです。どんなに下手くそでも、とりあえずは写ってくれますからね。

今日は、ここまでです。また明日。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする