すずめが電柱の腕金に巣作り中、上ではカラスとトンビが空中戦!

すずめが電柱の腕金に巣作り中、上ではカラスとトンビが空中戦!

スポンサーリンク

電柱のコの字型をした腕金にすずめが2羽根いました。よく見ると腕金の穴に巣を作っているようです。

最近は民家の屋根に巣を作れるような隙間がなくなり、こんなところにも巣を作るようです

そういえば上谷戸大橋のチョウゲンボウさnも橋に巣を作っていました。鳥たちもたくましいですね。

すずめの巣作り

巣作り中のすずめのカップルです。雌雄の見分けはさっぱりできませんね。

でも、卵を温める抱卵時期には雌のおなかがちょハゲになり、抱卵斑と言って皮膚がむき出しになるそうです。卵を直接肌で温めるのですね。

これは野生鳥獣センターのHPに書かれていました。この時おなかには縦にラインがあるように見えるので、それが雌の様です。

今は、まだ巣作り中だと思われますので、当分わかりませんね。

すずめの周りにはカラスやトンビなどが多くいるので、いつも危険と隣り合わせでです。この日もカラスやトンビが上空を舞っていました。

上空ではカラスがトンビを威嚇

よく見ると、どうやらカラスがトンビを威嚇している様でした。何度かトンビに体当たりをしていました。カラスとトンビは仲が悪くて、よく空中戦を繰り広げるようです。カラスはかなり激しく追いかけていたので、カラスの縄張りにトンビが入ってしまったのかもしれませんね。

カラスはしつこく追いかけまわしています。トンビもゆらゆらと逃げ回っていました。

ようやくカラスから逃れて、東の方角に逃げていきました。しかし、まともに1対1ならトンビの方が大きいので強いように思うのですが、全くカラスを攻撃しませんでした。

なんか、悪かったねって言いながら飛び去った感じです。カラスも怪我をさせるつもりはなく、ただトンビを追っ払いたかっただけなんでしょう。

大きなトンビでした。悠然と飛び去りましたが、格好良かったです。トンビも猛禽ですからね。

ここは多摩川に近いので、多くの鳥たちが飛んでいます。シラサギやカモもよく見かけます。多摩川の魚を狙って来るのでしょう。

すずめを見ていたら、上空でカラスとトンビの空中戦があって、面白い一日でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする