上谷戸親水公園 チョウゲンボウとキジバト

上谷戸親水公園 チョウゲンボウとキジバト

スポンサーリンク

今日は上谷戸親水公園にチョウゲンボウを見に行ってきました。

お昼ごろに行ってきましたが、沢山のカメラマンがすでに来ていました。望遠レンズ付きのカメラでチョウゲンボウを追いかけていました。

チョウゲンボウの雛がそろそろ大きくなり親鳥が餌を頻繁に運んでくるようです。まだ雛の姿は見ることができませんでしたが、親鳥が飛んでいる姿は確認できました。

鳥の写真はとるのが難しいですね。普段は花や木など動かないものを近くで撮るばことが多いので、大空をすごい勢いで飛んでいる姿などはとても撮れたものではありません。

遠くを撮る望遠レンズもないので、撮影はあきらめて目視だけで楽しむつもりで行きました。

とはいえ何枚かは撮ってみました。遠すぎて何が写っているのかわからない写真になっていますが、初チョウゲンボウです。

追記)動画はもう少しみえるチョウゲンボウに差し替えました 2018/5/16

上谷戸親水公園のチョウゲンボウ

どれも豆粒のような動画と写真です。

低いところを飛んでいたので撮ってみました。

写真1

チョウゲンボウ。55mmで撮ったので豆粒の様です。画像を拡大しました。しっかり撮るのに何ミリぐらいの望遠を皆さんは使っているのでしょうね。

写真2

チョウゲンボウが飛んでいる下は民家ばかりです。なんとなくハヤブサっぽくないですか。チョウゲンボウはハヤブサの仲間だそうです。小型のハヤブサといったところです。鷹匠もチョウゲンボウを使った狩りをするそうですが、ハヤブサに比べおっとりとしているとブログに書かれていました。顔もハヤブサに比べ可愛いですね。

写真3

巣からちょっと出てきたところです。55mmで撮って、無理やり拡大写真。完全にぼやけていますが、真ん中の穴にチョウゲンボウらしき影が見えます。雛が奥にいるのかもしれないですね。外を飛び回っているのが雄かもしれません。餌を探しているのでしょう。ノネズミなどの小動物、小鳥、虫などを捕食するそうです。やっぱり猛禽類なんですね。

チョウゲンボウの雛は6月には巣立ちです。そうなれば巣の周りを飛びまわるチョウゲンボウの若鳥を観察するチャンスです。

上谷戸親水公園 キジバトの写真

公園に入る階段横木に鳥がとまっていました。

写真4

キジバトさんでした。羽根の鱗模様が綺麗です。

写真5

じっとこちらを見ています。面白い顔立ちですね。ハトは平和の象徴ですが、このキジバトを見ていると確かにそうだと思いました。チョウゲンボウに襲われないようにじっと隠れているのかもしれませんね。

写真6

顔が見えなければチョウゲンボウもどきです。キジバトはドバトと違って羽根がとてもきれいです。首の周りに可愛い模様があるそうなんですが上手く撮れませんでした。次回再チャレンジです。

今日は、ここまでです。また明日。

上谷戸親水公園の関連ページ集はこちら

関連ページ>>>上谷戸親水公園の関連ページ集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする