稲城 三沢川の桜が満開 2018年3月26日

稲城 三沢川の桜が満開 2018年3月26日

スポンサーリンク

稲城 三沢川の桜が満開になりました。ここ連日写真を撮りに来ていますが、今日はついに満開!見事な桜並木です。まだ8,9分に桜の木がありますからもう少し楽しめそうです。いつものように写真をアップしますのでご覧ください。

>>>2019年三沢川の桜はこちらから

稲城 三沢川の桜 3月25日(日)2018年

写真1

満開です!

写真2

鯉も気持ちよさそうです。

写真3

広角にして両岸の桜を撮りました。

写真4

お天気に恵まれ桜も気持ちよく咲いています。

写真5

この桜は枝先がまだ満開になっていないようです。

写真6

橋から下流に向かって撮影。ずっと向こうまで続いています。

写真7

中央文化センター前の桜です。一日でほとんど満開ですね。

写真8

中央文化センター対岸の桜もほぼ満開。

写真9

つぼみ発見。

写真10

よく見るとまだつぼみが所々にありますね。

写真11

はなびらが開きかけていますね。

写真12

中央文化センター前の桜、もうワンショット。

写真13

三沢川のプレートが橋にありました。

写真14

幹からいきなり花が咲いてます。ピンクに色づいたつぼみが可愛らしいですね。午後には開花しそうです。

写真15

お天気が良いので、とてもきれいでした。

写真16

下流に向かって撮影。

写真17

上流に向かって撮影。

写真18

桜のトンネル

写真19

鯉がまったりしてました。

写真20

全然人を怖がらないハトさん。

写真21

ハトに見られてます。

写真22

桜並木です。

写真23

この橋から上流と下流に向かって写真を撮りました。

写真24

見事な桜並木です。かなり幹の太いもの、比較的スリムなものとありますが、この桜並を作っている桜は樹齢がどのくらなのか気になります。よくソメイヨシノの寿命は60年ぐらいだなどと言われますがあまり信ぴょう性はなさそうです。青森県弘前公園には樹齢100年以上の桜が400本以上もあります。日本一のソメイヨシノの名所ですね。桜をきちんと管理して日々桜の健康を守っているからだそうです。さて、稲城の桜はどうでしょう?できればしっかりと健康管理をしてあげてほしいですね。

2012年にクビアカツヤカミキリムシによる桜の食害が報告されています。中国や朝鮮半島から来た外来種です。TVでも放送していましたが、この害虫によりソメイヨシノは全滅するかもしれないと報じていました。そのぐらい被害は甚大だそうです。対策としてクビアカツヤカミキリムシに対応した薬剤の開発も行われ、クビアカツヤカミキリムシと人間の攻防戦が繰り広げられています。クビアカツヤカミキリムシには何の罪もないのですが、やはり黙って桜が全滅するのを見逃すわけにもいかないですね。こういった外来の害虫の侵入を食い止めることが大事です。余談ですが、例のヒアリもそうですね。今のところ水際で何とか食い止められていますが、このバリケードが破られたら大変なことになりますね。

余談が長くなりましたので稲城の桜に話をもどします。今夜から提灯に灯がともります。夜桜見物も幻想的な感じで素敵ですね。昼間とは違った景色が見られるでしょう。このぐらいならおとなしくていいですが、ライトアップで浮き上がった桜はきれいですが、けばけばしくて趣が全くないので好きではありません。ほんのりと照らされるぐらいがちょうどいいですね。

稲城でお花見のスポットで有名なのがよみうりランドの桜です。ここの夜桜はネオン街みたいです。桜見物はお昼間がいいでしょう。

さいごに

稲城 三沢川の桜、今年も綺麗に咲いてくれました。お天気にも恵まれ花も濡れることなく、太陽の光を思いっきり浴びて開花しました。今年も桜が満喫出来てよかったです。来年もまた楽しませてもらいたいですね。

それでは、また。

>>>2019年三沢川の桜はこちらから

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする