薬師池公園の大賀ハス 開花状況写真 2018/7/23

薬師池公園の大賀ハス 開花状況写真 2018/7/23

スポンサーリンク

午前6時前、まだ多少涼しい時間に町田市薬師池公園に到着しました。すでの多くの方が来られていました。ハスの花がさぞたくさん咲いているかと思って期待してきたのですが、残念ながらさみしいハス田でした。ちょうど今から1週間前に来た時より多少多いかなといった感じです。ハスの花が年々減少し消滅してしまうという話も聞きますが、この薬師池公園のハスは大丈夫でしょうか。少し心配になるような花の数です。

心配も吹き飛びます!見事な咲いたばかりの大賀ハスです。ハスの花は太古から姿が変わっていないそうです。とても神秘的な花です。花の女王はバラですが、ハスは女王や王などといった俗社会を飛び越えたお釈迦様とゆかりのある花です。

満開になったハス。

葉の陰に隠れているハスの花です。

満開です。

雄しべの黄色と花びらのピンクが綺麗ですね。

この一角は花が全くついていません。中央付近は全滅状態で水面が丸見えになってしまっています。

ハス田の動画です。

ハスの花はポツポツと咲いている程度です。今頃が最盛期なはずなのにずいぶん少ないですね。調べてみるとカメによる食害を受けていると町田市のHPには書かれていました。

カメはあのアカミミガメです。小さいときはミドリガメと呼ばれ可愛いカメです。大きくなると手に負えないなって飼い主さんが近くの池に捨てるなどして日本中に広がってしまいました。京都市伏見区の淀城跡公園のハスもカメの食害が原因だったようです。

しかし、カメの食害よりメタンガスの影響はもっと甚大な被害があるようです。滋賀県草津市の琵琶湖のハスの消滅はメタンガスによるものだそうです。ハスの再生は不可能なようです。

それでも、ここ薬師池のハスには小さなつぼみがまだいくつもあったので、細々とではあってもまだしばらくはきれいなハスを楽しめそうです。

まだ出来立ての感じがするつぼみです。薄っすらとピンク色に染まってきて可愛いですね。

ミツハチが花粉を求めて飛んで来ました。足にまだ花粉は付いてないみたいですね。これから集めるのかな。ミツハチの数も府中市修景池のハスに比べると少ない気がします。修景池のハスには数匹のミツバチが群がっていました。

明日は、薬師池のカイツブリの親子の写真や動画をお伝えします。

今日は、ここまでです。それでまた明日。

薬師池公園の関連ページはこちら
↓ ↓ ↓
関連ページ薬師池公園関連ページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする