2020年8月COOLPIX P1000 太陽、月、惑星

2020年8月COOLPIX P1000 太陽、月、惑星

スポンサーリンク

COOLPIX P1000で太陽や月、惑星などの写真を撮って楽しんでいます。COOLPIX P1000は67mm,f539mm、F8の屈折望遠鏡のようなものです。太陽や月は手持ちででも撮影できるのがCOOLPIX P1000の魅力です。

COOLPIX P1000で撮った写真がメインですが、D500の望遠やMAK127で撮った写真も一緒に掲載しています。

7月の天体写真

8月1日

9時34分 久々の青空。ようやく梅雨も明けそうな気配がしていたら、やっぱり梅雨明け宣言がありました。

太陽黒点

小さな黒点が赤線のあたりにあります。太陽に向けて手持ちで撮影。カメラを水平にして撮影。時間とともに太陽が回転して黒点位置は時計方向に移動。

17時28分 夕方の太陽黒点 赤く太陽が写りました。黒点は暗部と半暗部がなんとなくわかる程度でくっきりしません。夕方の太陽も綺麗ですね。

ほとんど見えませんが赤線の下側にあります。午前中に遠田写真と比べるとずいぶん回転している。

8月2日

太陽黒点

13時25分 エッジに近づいて見えにくくなってきました。

黒点は赤いラインの下先です

木星

21時32分12分 動画からスタック

土星

3本の動画からスタックしてみました。思う様にはいかないです。

21時9分 

8月3日

太陽

16時53分50秒 黒点は見当たりません。

満月

19時54分57秒 D500+500mm (750)、きぼうが見えるはずだったのですが、雲がかかっていて見られませんでした。月にも雲がかかっています。

19時56分36秒 雲が切れてきれいな満月です。

20時19分03秒 D500+500mm+1.3倍のクロップで撮ると975mm(35㎜換算)と少し大きくなりますね。

20時19分12秒 D500+500(750)x1.3 975mm(35㎜換算)

クロップ「なし」と「あり(1.3)」、フォトショップで並べてみると全く同じおおきさです。クロップしても解像度が上がるわけないので当然ですね。一度並べてみたかっただけです。

左「クロップなし」、右「クロップ1.3」

木星

22時47分 動画からスタックCOOLPIXP1000

22時47分の大赤斑はどのあたりにいるのかな?拡大すると、大赤斑のようなイメージ?

ステラナビゲーターで2020年8月3日23時の大赤斑を見ると下図の様でした。上の写真と見比べると何となく位置的には似たような場所にあります。大赤斑で間違いないですね。COOLPIX P1000でも写るんですね。

土星

23時6分 動画をオートスタッカー3+レジスタック6で処理

レジスタック6は使い方まるでわかりません。適当にいじってみました。

拡大してみましたが、あまり鮮明ではありません。シーイングは良かったので2分ぐらい動画を撮りたかったのですが、AZ-ZTiが1分すぎると妙な動きをしだしました。急に像が移動し始めて視界から消えてしまいます。何度かやり直してみても1分すぎると同じ現象が起きます。昨日はまともだったのですが原因不明です。ついに壊れたかな?それほど酷使していないと思うんだけど。

8月4日

太陽黒点

9時58分35秒 COOLPIX P1000 小さな黒点が写っていました。

拡大してみました。手持ち撮影なので、上が天頂方向、左右が水平方向です。

8月5日

今日はAZ-GTiも正常に動作しました。3way雲台も、レベリングプレートも取り外し、三脚にはプラスチックのプレートを付けたのが良かったのかもしれません。

それにしても、AZ-GTiの三脚についてくるプラスチックプレートははめ込むのも取るのも大変です。

最初は壊れそうで付けられませんでしたが、割れてもてもいいやと思って思いっきり60度回したら入りました。

ほんとに割れるかと思いましたが、付けるとかなり三脚が安定します。三脚は一番短くしてあるので、つけっぱなしでもいいことにしました。

火星

0時4分 coolpix p1000 マニュアル動画モード。撮影に雲に覆われてしまいました。このあと木星と土星を取ろうとしましたが、すっかり雲に覆われてしまい残念。

0時7分43秒 月を試し撮り。このすぐあとで雲に覆われてしまいました。

雲の中の月。明るさとコントラストで調整。

太陽黒点

9時0分26秒 小さな黒点とさらに小さな黒点が並んでいます。

太陽を時計にすると7時半ごろの短針方向、エッジの近くに黒点があります。

木星

21時18分 オートスタッカー3とレジスタック6で加工。気流は安定していてよく見えましたが、風がありカメラが時々揺れていました。

上の写真を拡大

元の動画 coolpix p1000 マニュアル動画モード

土星

動画をスタック3とレジスタック6で加工

拡大

元の動画 coolpix p1000 マニュアル動画モード

8月6日

太陽黒点

10時42分22秒 下の写真を拡大。2つ黒点がみえます。

coolpix p1000 f3000mm,1/2000,F8,iso100 赤のラインで挟んだ場所に黒点があります。

木星

水平が出しにくいので、2スターアライメントでセット。弱い風が時々吹いていました。

20時18分 coolpix p1000 下の動画から作成。画像処理は手探りです。この時間は大赤斑がこちらを向いています。画像にも

拡大してみました。

元の動画です。風でブレていますが、とりあえずオートスタッカー3とレジスタック6で処理。

土星

23時43分 coolpix p1000 f12000mm マニュアル動画モード

動画よりオートスタッカー3とレジスタック6で加工

拡大写真

元の動画 coolpix p11000 マニュアル動画モード

23時51分29秒 coolpix p1000の動画マニュアルモードで動画撮影中に撮った静止画。(f1700,1/640,F6/3,iso400)

動画モードのまま、動画1コマを静止画として保存してくれるようです。初めて使ったのですがとても便利です。

火星

23時49分 動画より作成 coolpix p1000 マニュアル動画

拡大してみました。

火星の動画 23H49分 coolpix p1000 木の葉が少しかかってしまいました。

8月7日

太陽黒点

9時38分28秒 coolpix p1000 f12000mm ss1/2000 F8.0 iso100、デジタルズームで黒点を手持撮影

土星

21時13分 動画をオートスタッカー3とレジスタック6で処理

木星

21時7分 coolpix p1000 f12000 AS3とR&S6で処理

23時32分 coolpix p1000 f12000 AS3とR&S6で処理、木星の縞模様が上の画像から大分回転しました。動画は省力します。

23時43分 f1700mm ss1/160 F6.3 iso200

8月9日

スカッと晴れませんね。どんよりした空、まるで蒸し風呂のようです。

月 

2時46分39秒 D500 750mm(35mm換算) ss1/1000 F 5.6 iso200 たまたま外の出たら月が出ていたので、D500手持ちで撮影。火星も見えていましたが、準備している間に雲がかかりそうなので撮影はやめておきました。真夜中でも汗ばむ暑さです。

太陽

黒点の拡大です。そばにあった、より小さな黒点は写らなかったようです。薄くなったか、消滅したか?

8時53分 COOLPIX P1000 3000mm SS1/1000 F8 ISO200 薄雲の中小さな黒点は見えていました。

暑さのせいかCOOLPIXのズームが太陽を撮っていると時々動かなくなることが最近増えてきました。

手持ちで太陽を狙っている間、ずっと太陽光が入っています。赤外線も可視光と同じくらいにカットされていればいいのですが、もしそうでなければイメージセンサーによくないですね。1年以上使用していて今更ではありますが。

そこで手持ちのND2と紫外線カットフィルター(物理的な保護用として)をND100000の前に付けてみることにします。

ND2は去年の夏に太陽をcoolpix p1000で写そうとしたとき、露出オーバーになることがあり購入していました。その後、露出オーバーになることはなくなってしまったのでずっとしまい込んでいました。

これで太陽光がレンズに入る前に光量を20万分の1まで落とせます。ちゃんと写るのかちょっと心配ですね。ズームの動きとはあまり関係ないような気もしますが物は試しです。

木星

木星は雲の中で、目視でやっと見える程度の暗さでした。

21時28分 MAK127+25mmアイピース+D500 オートスタッカー3とレジスタック6にて加工 木星の拡大撮影

22時49分 木星 動画をオートスタッカー3とレジスタック6で処理

8月10日

月と火星が接近

3時37分40秒 coolpix p1000 97mm 1/1.3 F4 iso400 トリミング

3時39分29秒 coolpix p1000 2000mm 1/250 F6.3 iso400

火星

3時50分24秒 coolpix p1000 マニュアル動画

上の動画をオートスタッカー3、レジスタック6で処理

太陽黒点

12時29分2秒 うすい雲に覆われ全体のぼやけた感じ。黒点もはっきり写らず。

黒点の位置は赤いラインで挟まれたあたりです。

木星

20時0分 coolpix p1000マニュアル動画をオートスタッカー3とレジスタック6で処理

元の動画

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする