ニコン望遠レンズをZWO ASI 224MCに装着~ニコンFマウントアダプターII・ASIカメラ全般用

ニコン望遠レンズをZWO ASI 224MCに装着~ニコンFマウントアダプターII・ASIカメラ全般用

スポンサーリンク

「ニコンFマウントアダプターII・ASIカメラ全般用」というニコンFマウントアダプターでニコンの望遠レンズをZWO ASI 224MCに装着

ZWO ASI 224MC + AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRで撮影した月

2020/12/22 20h44m45s,Gain=187,Exposure=0.000835
AS!3,Registax6,Photoshopで処理
月面のファーストトライですがピント合わせが甘かった。システムのせいではありません。

この日の月の視直径は約0.5度です。水平画角0.55度、垂直画角0.41度です。半月なので画面に収まりました。

フルサイズで500mmの望遠レンズはZWO ASI 224MCでは約7.5倍の焦点距離になります。35mm換算で3750mm相当です。

満月だと320mmでちょうど入る計算です。ズームレンズは画角が調整できて便利です。

ニコンFマウントアダプターII・ASIカメラ全般用

3つのパーツに別れます。224MCは全部使います。フランジバックが17.5mmの機種(174,294,185,1600等)では、一番うすいパーツを外して装着します。

ZWO ASI 224MCと組み合わせた状態

レンズ側はFマウント(ニコンのカメラマウント)になっているので、ニコンカメラに取り付けるのと全く同じ要領でセットできます。

ただし、電子接点が無いのでマニュアルでピント合わせを行います。また、電磁絞りのレンズは電子接点なしだと開放になります。自分で絞りをちょうせいするならレンズ側で絞りを設定できるものが必要です。

アダプターを取り付けたところ

ZWO ASI 224MCを接続

ガタツキもなくしっかりとマウントできます。

別の望遠レンズ AF-S NIKKOR 500mm 1:5.6E PFEDにも当然ですが装着できました。

1.4倍のエクステンダーにアダプターを装着。焦点距離は700mmになっています。これだと35mm換算で5250mmになると思います。惑星を撮るには小さすぎますが、月太陽黒点などの拡大写真には良さそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする