【写真】稲城 上谷戸親水公園のチョウゲンボウ幼鳥 2018/6/22

【写真】稲城 上谷戸親水公園のチョウゲンボウ幼鳥 2018/6/22

スポンサーリンク

今日もバードウォッチングです。お昼にチョウゲンボウ幼鳥を見てきました。昨日ほど飛んでいませんでした。気温が上がり暑いぐらいだったのでチョウゲンボウも休んでいるようでした。巣穴のそばのH鋼の上や電柱近くに止まっていました。

すでに10人近くカメラマンさんがいましたが重たい機材を暑さの中持ち歩くのが大変そうに見えました。こういう暑い日も望遠コンデジは比較的軽いので助かりますね。

暑さのせいか少し翼を広げて、口も開けていました。体を冷やしているように見えました。チョウゲンボウに限らず鳥は人間の様に汗をかかないので体温調整は、このように口を開けて放熱するか、脇を開けて放熱します。

水があれば水浴びもしますね。昔飼っていた文鳥さんも熱くなると、この写真そっくりな格好でよく部屋のカーテンレールあたりで休んでいました。

深皿に水をいれてて持ってやると飛んできて気持ちよさそうに水浴びしていました。持っているほうはびしょびしょですが、可愛いので平気でしたね。

チョウゲンボウの幼鳥ももっと暑くなったら上谷戸川できっと水浴びするでしょう。

巣穴をみに行くと、H鋼の上で幼鳥が休んでいました。ここは、陽が当たらないので少し涼しいのだと思います。梅雨の雨空を元気よく飛んでいたチョウゲンボウも暑さにはあまり強くないようです。稲城もしばらくは雨がなさそうです。熱中症にならないように飛んでほしいものです。

真っ黒ですが、西側遙か遠くの電柱にもチョウゲンボウ幼鳥らしき姿が見えました。幼鳥たちは遠くまで飛べるのであちこちに分散しています。親鳥は相変わらず餌運びに忙しそうでした。

最初の電柱に止まっていたチョウゲンボウの動画です。いつもながら画面が揺れて見にくいです。

親鳥が幼鳥の頭上を飛んでいきます。餌を運んできたようです。ちょっと慌てた様子でししたが親鳥の後は追いかけませんでしたね。

今日は、ここで終わることにしました。この後、久々に若葉台のユニデーに行きました。うちの奥さんの誕生日なのでかわいい多肉植物を買って帰りました。

ユニデーにはコケも売っていました。なんでも最近はコケを育てる人が増えて人気だとか。昔から盆栽にはコケがつきものでしたが、コケそのものを楽しむのだそうです。山にはコケはたくさんあるので、山を持っている人はコケでも売っているのでしょうかね。

それでは、今日は、ここまで。また明日。

上谷戸親水公園の関連ページ集はこちら

関連ページ>>>上谷戸親水公園の関連ページ集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする